トップ

ワンルームマンション経営

不動産投資には様々な種類がある

一番ポピュラーなマンション経営

資産形成の一環として「不動産投資」を考える人が増えています。株などと異なり不動産という現物を購入しての運用なので安心感が高く、人気のある投資方法の一つです。かつてのバブル期のように活発に不動産を買い替えて収益を上げるというよりも、購入した不動産から得られる家賃収入を定期収入とする目的での購入が増えてきているようです。マンション経営を考え始めたならならこちら。

特に若い世代の購入目的に顕著に見られる傾向で、現在の生活費の足しというよりは、老後の備えを見据えた「年金の代わり」となる定期収入になることを期待しての投資として「不動産投資」が熱い注目を集めています。

「不動産投資」には賃貸経営や駐車場経営など様々な種類があるのですが、一番ポピュラーで、若い世代でも運用がイメージしやすいのがマンション経営です。初期投資負担が軽いことから、「不動産投資」の第一歩としてまずマンション経営から始める方も多いですね。

このマンション経営には分譲マンションを購入して賃貸物件として家賃収入を得る「ワンルーム投資」と、マンションオーナーとして建物全体を購入する「一棟買い」の2種類の投資方法があります。また、建物の用途として「居住用」と「業務用」の二つに分かれていますが、通常、投資対象となるのは「居住用」になります。

では、「ワンルーム投資」と「一棟買い」の投資としての特徴で大きく違うところはまず初期投資の負担の重さの差でしょう。この初期投資金額の違いから、相続税対策などの節税効果にぐんと違いが出てきます。

節税効果が高いのはもちろん初期負担の重い「一棟買い」になります。しかし、立地条件の良さから空き部屋の発生する率費が低くなり、管理組合の存在によって負担が軽くなるなどの点では、「ワンルーム投資」に軍配が上がります。どのメリットを優先させるかで慎重に見極める必要があります。

Copyright © 不動産投資には様々な種類がある. All rights reserved.